ただ突っ走る恋愛ではなく

相手はいとこ。母親のお姉さんの息子を好きになってしましました。

小さいころから家族ぐるみの付き合いで一緒に遊んだりしていた9個上のいとこでした。私が小学生低学年ぐらいまでは親戚の集まりなどで年に何度か会ってましたがそれ以降はほとんど会っていなかった相手です。

中学3年生の時に私が家出をし、東京で一人暮らししているいとこを頼って家に押しかけました。

いとこの家は1Kの狭い家で布団も一つしかなかったため一緒に寝ていたら体の関係になってしまい、お互い魅かれあいました。短期間でしたが一緒に住んで料理して、昔の思い出話などをしたり、遊園地に出かけたり、お酒を飲んだりと本当に楽しい時間を過ごしました。お互いの小さい頃の状況も家庭環境もわかっているので距離が縮まるのもとても速かったです。

まだ中学生の若かったこともあって、9歳年上の男性はなんでもできる大人の男だなと思っていました。いままで体験したことない大人の世界とわがままも聞いてくれる大人の包容力にとても居心地がよかったし楽しかったです。しかし、親に家でのことがばれて引き離されいとことは連絡がとれないようになってしましました。いとこはもともと海外に留学する予定だったので連絡をとれないまま海外に行ってしまいもう会えなくなってしまったので、生きているかどうかもわからず本当につらかったです。

いとこは法律上では結婚することができます。でも世間体には親族との結婚はいいイメージがありません。あまりにも血縁関係が近いと子供にも影響がでるようです。しかし好きになってしまった気持ちは抑えることができません。

そういう場合はただ突っ走る恋愛ではなく、合理的に何をしたら一緒にいれるか冷静になって考えてみることも大事だと思います。恋は盲目というように、恋愛をしている人は大人でも冷静な判断ができないことも多いと思います。一度落ち着いて考えたり、誰かのアドバイスを聞いてみるのはいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です